弁護士も11日会見の意向 ゴーン前会長ツイッター発信

まとめると

 保釈中の日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が3日、自身のツイッターのアカウントを開設し、「真実をお話しする準備をしています。4月11日木曜日に記者会見をします」と発信した。 

 

検察幹部の一人は「本人がネットを使っていたらアウトでは」との厳しい見方を示した。

 

弁護人の弘中氏によると、保釈条件でパソコンの使用は弁護人の事務所に限定されている。事務所でネットに接続するのは問題ないとの認識。

 

保釈条件

 保釈条件の原文は確認できていませんが、ロイターによると、次のようなものとのことです。

 

5 携帯電話は通話機能のみ使用可。インターネット、メールの使用は不可。

7 インターネット接続のできないパソコンに限り、弁護士事務所内のみで使用可。

 

保釈条件違反?

 保釈条件7の文言がロイターの報道のとおりなら、保釈条件に違反しているように思われます。 

 

 それを承知で、twitterで記者会見を予告するというような芸当は、マスメディアへのアピールの仕方を知っていて、度胸のあり、被告人からも信頼されていないとできません。本当に。

 

元記事

弁護士も11日会見の意向 ゴーン前会長ツイッター発信
ゴーン前会長 2019年4月3日20時04分 朝日新聞デジタル

 

 

 

<<古い記事(夫婦別姓訴訟 “戸籍法の規定は合憲” 訴え退ける 東京地裁)       

(「ゴーン再逮捕は東京地検特捜部の口封じ」)新しい記事>>

 

2019年04月04日|ブログのカテゴリー:刑事訴訟法, 勾留・保釈