「NHK おじゃる丸音声商品、著作隣接権侵害罪告訴状提出」について」

まとめると 

アニメの声優が番組の収録と言われ音声を収録。

 

それを組み込んだ玩具が販売された。

 

声優が事務所を通じて質問したところ、番組を降板させられた。

 

声優が警察に著作隣接権侵害罪の告訴状を提出すると発表。

 

著作権法

 

実演(2Ⅰ③)

 第二条(定義)

三 実演

  著作物を、演劇的に演じ、舞い、演奏し、歌い、口演し、朗詠し、又はその他の方法により演ずること(これらに類する行為で、著作物を演じない能的な性質を有するものを含む。)をいう。

 

 第八九条(著作隣接権)

 実演家は、…第九十一条第一項【録音権】…第九十五条の二第一項【譲渡権】…を享有する。

 

 第九十一条第一項(録音権)

 実演家は、その実演を録音…する権利を専有する。

 

 第九五条の二(譲渡権)

 実演家は、その実演をその録音物…の譲渡により公衆に提供する権利を専有する。

 

侵害に対する救済(民事)

 民法第七〇九条(不法行為による損害賠償)

 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

第一一四条(損害の額の推定等)

第一一四条の三(書類の提出等)

第一一四条の五(相当な損害額の認定)

 第一一五条(名誉回復等の措置) 

 民法第七〇三条(不当利得の返還義務)

 法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。

 第一一二条(差止請求権)

1  …実演家…は、その…著作隣接権を侵害する者…者に対し、その侵害の停止…を請求することができる。


2 …実演家…は、前項の規定による請求をするに際し、侵害の行為を組成した物、侵害の行為によつて作成された物又は専ら侵害の行為に供された機械若しくは器具の廃棄その他の侵害の停止…に必要な措置を請求することができる。

 

刑事上の制裁

 第一一九条(罰則)

…著作隣接権を侵害した者…は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

 

 第一二四条(両罰規定)

 …法人…の代理人、使用人その他の従業者が、その法人…の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を…を科する。


一 第百十九条第一項… 三億円以下の罰金刑

 

 刑法(牽連犯)

第五四条(一個の行為が二個以上の罪名に触れる場合等の処理)
 …犯罪の手段若しくは結果である行為が他の罪名に触れるときは、その最も重い刑により処断する。

 

元記事

「NHK おじゃる丸音声商品、著作隣接権侵害罪告訴状提出」について」

平成30年8月1日

 

 

<<古い記事        新しい記事>>    

  • はてなブックマークに追加

 

2018年08月03日|ブログのカテゴリー:著作権法